クリティアの特徴

クリティアの特徴 数が増えてきている水の宅配サービスの一つとして、クリティアがあります。ここでは、クリティアがどのような特徴を持っている水の宅配サービスであるのかについて、色々な視点から紹介します。最初に紹介するのは、クリティアを利用することができるエリアについてです。クリティアは創立当初は東京のみに営業事務所を置いていましたが、その後全国に範囲を広げていき、今では国内の多くの地域で使用できるようになっています。活動範囲は国内にとどまらず、台湾にも事務所が置かれているなど、幅広い活躍をしていることが分かります。

次に紹介するのは、クリティアで注文できる水の種類についてです。一般的に水の宅配サービスで扱われることになる水の種類というのは、大きく3つあります。1つ目は「RO水」と呼ばれるものです。これはRO膜と呼ばれる特別な水で濾過することによって、不純物を完全に取り除いた「純水」のことを言います。安全性が高い反面で、ミネラル分なども完全に抜かれてしまっているため、味などに特徴はありません。2つ目は、このRO水に対してミネラルを添加することによって飲みくちを整えた「デザインウォーター」です。そして3つ目に、天然水があります。

クリティアでは上記のRO水とデザインウォーターは使用しておらず、「天然水」の配達を行っています。クリティアではいくつかの場所で天然水の採集を行っているため、その種類が選べるようになっています。まずは、「クリティア・富士山のお水」についてです。霊峰富士で育てられた天然水であり、東北・甲信越・北陸・関東・中部地方であれば配達料がかかりません。

次に、「クリティア・金城のお水」についてです。こちらは島根県金城町で採取された水であり、近畿・中国・四国地方において配達料無料で使用できるようになっています。これ以外にも、九州は阿蘇で採取された「クリティア・阿蘇のお水」もあり、九州エリアで配達料が無料になる仕組みとなっています。

クリティアでは水が豊富に用意されているだけではなく、利用することができるウォーターサーバーについてもその種類が多く存在しています。この先のページにおいては、クリティアで使用することができる独自のサーバーについてどのようなものがあるのかについて紹介します。ウォーターサーバーの種類によって、水の宅配の使用の方法や目的というのは大きく変わってくることになります。自宅のどこにサーバーを置きたいのか、考えながら選ぶのが良いでしょう。

最新ニュース