クリティアのスタンダードサーバー

ここまで紹介してきたクリティアのウォーターサーバーは、いずれも家具メーカーとのコラボレーションによって実現した特別なデザインが採用されたものでした。最後に紹介するのは、クリティアのスタンダードなウォーターサーバーについてです。クリティアではスリムサーバー床置タイプと、スリムサーバー卓上タイプという2つが申し込みできるようになっています。

これらのクリティアのウォーターサーバーには、2つの特許技術が使用されています。まず一つは、ボトルホルダーの部分です。クリティアではボトルの製造を内製化しており、独自のウォーターボトルが使用されるようになっています。そのため、それに適した特別なウォーターホルダーが必要になります。クリティアのウォーターサーバーではそのためのホルダーが特許取得されています。

クリティアのウォーターサーバーで使用されているもう1つの特許技術は、外気遮断タンクです。いかに天然水であっても、外気に触れれば劣化してしまうことになります。クリティアのウォーターサーバーでは水を劣化させることになる外気との接触を極力避けるための遮断タンクが使用されるようになっています。これによって、より安心してクリティアの水が使用できるようになっています。